実際に買付した価格と平均取得単価の価格が違うのはなぜですか?

Q

実際に買付した価格と平均取得単価の価格が違うのはなぜですか?

A

特定口座において買付した場合の取得単価は、既に保有している株式の取得金額と新たに買付した株式の取得金額をそのつど加重平均して計算されます。また、取得単価には、買付にかかった手数料も加味して計算されます。

■取得単価の計算方法(当日に保有証券がなかった場合)

一株あたりの取得単価=取得費(約定単価×株+手数料)÷株数

【取得単価の計算例】※手数料は一律(つどつど)プラン適用

・510円で2,000株買付した場合

約定単価:510円  株数:2,000株  手数料:440円(税込)一株あたりの取得単価=(510円×2,000株+440円(税込))÷2,000株=510.22円

■取得単価の計算方法(同一銘柄を時期を分けて買付した場合)

一株あたりの取得単価=取得費(約定単価×株数+手数料)の合計÷取得株数の合計

【取得単価の計算例】※手数料は一律(つどつど)プラン適用

日付 取引 約定単価 株数 手数料(税込) 保有株数 取得単価
11/1買い750円2,000株440円2,000株751円
11/5買い700円1,000株374円3,000株734円
11/8売り800円2,000株660円1,000株734円
11/9買い650円2,000株440円3,000株679円

➀11月1日の取得単価の計算例

(750円×2,000株+440円(税込))÷2,000株=750.22円

➁11月5日の取得単価の計算例

{(750円×2,000株+440円(税込))+(700円×1,000株+374円(税込))}÷3,000株=733.60円

➂11月8日の取得単価の計算例

売却した場合、➁の取得単価の小数点以下を切り上げて計算します。(733.60円→734円)

➃11月9日の取得単価の計算例

{(734円×1,000株)+(650円×2,000株+440円(税込))}÷3,000株=678.14円

※取得単価計算では、小数点以下を切上げすることにより支払い税額が軽減されます。

※信用取引においては、取得単価の計算は行わずに約定単価がそのまま取得単価になります。

最終更新日:2021年11月18日

上記Q&Aは参考になりましたか?