現物型投資、積極型投資の違いは何ですか?

Q

現物型投資、積極型投資の違いは何ですか?

A

現物型投資と積極型投資の違いは以下の通りです。

【現物型投資】

 原則、投資金を上回る損は発生しない商品で、現物株式や国債などが該当します(手数料体系により、投資金以上のマイナスが発生する場合があります)。

【積極型投資】

 積極的に利益を狙うことを目的とし、保証金や証拠金制度を利用することで、預り金以上の金額を動かすことができる信用取引や先物・オプション取引などが該当します。値上がり益の期待も大きくなりますが、相場の変動によっては投資金以上のマイナスが発生する可能性あることを理解して投資をすることです。

上記Q&Aは参考になりましたか?